カトリックさいたま教区 那須高原マリアの家新着情報 2019年

3月

2019-03-14

3月の雪

雪が降りました。

2階の北側から見る外の景色

3月はまだ残雪期。時折降雪もある。それが例年の那須でした。今季は降雪が少なかったこともあり、日影や木陰に残る筈の雪も無く、コートは薄手となっていました。

久し振りの雪景色の朝となりました。例年通りということになるのですが新鮮です。

2階の南側から見る外の景色

お越しの際は滑り止めのご用意をお忘れなく。

2019-03-12

今年のザゼンソウ

今年もいつもの場所にザゼンソウが現れました。

今年のザゼンソウ

まだ冬枯れしている景色の中、春の命の出現でした。

2019-03-01

カタクリの葉

今季の雪は少なかったです。既に路面に残る雪は無く乾燥路となっています。森では早くもカタクリの葉が現れてきました。

カタクリの葉 #1

枯葉の中から出現したカタクリの葉。春の始まりの雰囲気に冬終わるを告げるかの様な自然の営みに感じます。

カタクリの葉 #2

雪解けすると色々な発見があります。十字架の道行の灌木を覗くと鳥の巣がありました。去年使ったのもでしょう。

去年の忘れ物

植物、動物の営みを感じるマリアの家です。

1月

2019-01-01

あけましておめでとうございます

車道の雪は舗装路で乾燥路に変わってきています。冬タイヤまたは滑り止めを装着していれば問題ない状態です。

十字架の道行入口の灌木の雪

雪が積もった後のお楽しみの一つに、動物たちの足跡鑑賞があります。田圃用の用水路を一飛びして渡ってくるウサギたち。縦横無尽に走り回る足跡をみると雪の王者の様です。建物のこんな近くまで来ていたのかと驚かされるほど接近していることも足跡から判ります。雪面ではウサギの他リスの足跡も活発です。秋に貯めた食料を掘り起こして廻っているのでしょうか。

タヌキの足跡

そんな中、新しい仲間の足を発見。タヌキです。以前、薄暗い夕方に偶然鉢合わせしたことがあります。初めて見るタヌキにこちらも認識するまで僅かな時間が必要でした。相手もそうのようでお互い数秒間静止したまま向き合った経験があります。お見合いしたその場所にあった足跡。その時のタヌキだと思います。

マリアの家周辺では他に今年の干支のイノシシを目撃することがありますが、まだ足跡は見ません。動物の営みの痕跡を見つける積雪期のお楽しみ。

本年も皆様のご利用お待ちしております。